円錐やら六角錐やら

錘形というものは、なかなか手ごわいものです。

 

法体ですと 直角しか無いので 三面図で 寸法が 帰結して行きます。

 

とろが 錐形というものは 三面図上では、寸法が追い込めません。三角関数を二重三重にネストして行かないと 出力ができないからです。

昔の職人さんたちは、現物を作りこんでゆくことで 実測を重ねながら、「現物合わせ」という手法で 製作をしていたのです。

 

 

上谷木工では3D_CADを 利用することで PCの画面上で 部材の一つづつを 事前に精度良く作図し NC加工で 精度良く加工し、組み立てております。

3D_CADで 原寸図として 作図され、NC加工で現物が 加工されるということは、製作時間の短縮に 貢献しています。

 

高度なものを 短納期で 制作できるということは、制作現場として これほどの強みはありません。